Posted on

株式会社七呂建設は、鹿児島県内で第2位の戸建て住宅着工棟数を誇っている総合建設会社のだそうです。創業は昭和35年、西暦1960年と古く、南九州エリアでトップクラスの実績と知名度を誇っているといいます。堅実な家づくりと、その真摯な姿勢が支持されているという七呂建設の魅力とは、どのようなところにあるのでしょうか。また、どのような仕事を任せることになるのでしょうか。

七呂建設の事業は、鹿児島エリアを中心に九州地方の発展を支えることなのだそうです。大きな工事では、鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターといったものにも携わっているといいます。さらに、注文住宅の分野でも、デザイン住宅や太陽光発電住宅、また防災住宅といったさまざまなニーズに対応しているそうです。こういったいろいろな提案を通じてノウハウを蓄積していき、力をつけていったようです。長年で得た実績や信頼だけでなく、その時代の最新技術を取り入れることによって、七呂建設は実力を保てているといいます。また、それだけではなく、テレビなどの多彩なコマーシャル戦略において、鹿児島地方では抜群の知名度を誇っているのだそうです。宮崎県への進出を果たすなど、近年ではますます事業を拡大しているという七呂建設。こうして活発になることで、社員を増員する動きも見られるようです。

建設業務における営業職、設計職、工務職で働きたいと思っている人であれば、七呂建設での仕事内容は外せないという声もあるといいます。七呂建設では、仕事を分業制にしていないそうです。それぞれ社員が知識を共有し、その技術を理解していることで、顧客との意思疎通がより強固なものになるといいます。そして、それが七呂建設の強みにもなっているようです。営業は営業、工務は工務といったように、仕事が分断されることで、それぞれのスキルがバラバラになってしまいがちな建設現場において、このような特徴は注目のポイントのひとつといえるでしょう。

また、七呂建設が加盟しているというイシンホーム住宅研究会は、日本全国のおよそ180社が加盟している家づくり研究ネットワークになっているといいます。阪神淡路大震災をきっかけにして組織されたイシンホーム住宅研究会は、幸せな家の実現を求めて、さまざまな分野の専門家が一緒に研究を進めているのだそうです。その分野は建築という枠を超えて、医学や教育学、心理学などといった幅広いジャンルにわたるといいます。このような研究グループに加盟している七呂建設だからこそ、確かな技術や商品開発力が身につくといえるのではないでしょうか。建設業に興味があるという人は、七呂建設のような会社の求人情報にも注目してみると良いでしょう。

管理人が選ぶサイト◇◇◇株式会社七呂建設 企業情報|YOL2018-19 日本の未来を元気にする企業:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Read More
Posted on

注文住宅の施工・販売を行っているという七呂建設は、その高い技術力をもとにして、紹介率を業界平均以上の35%を達成しているといいます。それだけではなく、鹿児島市内においては、着工棟数1位という実績も記録しているようです。このように輝かしい実績を持っている七呂建設の特徴とは、一体どのようなものなのでしょうか。また、ここで働くとどのようなメリットがあるのでしょうか。

七呂建設の創業者、そして現在の経営者も技術職出身なのだそうです。建築士などを経験しているとのことで、七呂建設では創業以来、顧客の不安や悩みについては建築を通じて解決し、地域社会に貢献するという理念を掲げてきたといいます。そのために最新技術の提供を惜しむことはないのだそうです。大型施設の着工実績としては、西本願寺や鹿児島市民文化ホール、鹿児島アリーナや県民交流センターなどがあるといいます。このような大規模な型枠大工工事を経験することで、技術力を発揮するだけでなく、ノウハウも蓄積していったようです。そのようなノウハウは、注文住宅事業開始後に早くも活かされることとなったといいます。技術職出身の経営者だからこその発想力と、これまでの膨大な現場からのノウハウにより、顧客から圧倒的な支持を得るようになった七呂建設は、現在もシェアやエリアを拡大しているようです。また、それだけではなく、新規事業を開拓しているとのことで、今後も成長を止めないのではないでしょうか。

驚くべきことに、七呂建設の新卒採用は、2013年から毎年定着率100%を保っているのだそうです。仕事をする上で働きやすいからこそ、このような数字が生まれるのは、容易に想像がつくことでしょう。七呂建設の考えには、仕事を充実させることで、自分だけでなく、家族や同僚、そして顧客にいたるまで、多くの人にとってプラスになる仕事をしたいというものがあるといいます。そのため、七呂建設では誠実に努力をして成功することを望み、なおかつ、顧客や家族に喜んでもらえるような仕事をしたいという人に、入社して欲しいと考えているようです。七呂建設の理念に共感できる人は、エントリーを検討してみるのも良いかもしれません。

働きやすい職場という声も多いといわれる七呂建設。2017年に事業所内に保育園を整備し、社員食堂を完成させるなど、働く人に優しい環境となっているようです。また、2018年に本社社屋が新しく完成するということなので、ピカピカの本社で働くことができるという貴重な経験も魅力的といえるでしょう。新しい生活を新しい社屋ではじめたい人には、うってつけの企業といえるのではないでしょうか。

Read More
Posted on

住宅販売の仕事に興味があっても、イメージから「大変そう」だと思っている人もいるかもしれません。そのような人にこそ、正しい知識は必要となるでしょう。一体、住宅販売の仕事に就職する上で確認しておくべきこととしては、どのようなことが挙げられるのでしょうか。また、住宅販売の仕事に就職する上で知っておくべき会社とは、どのようなものなのでしょうか。

まず、就職するべき会社を選ぶときに確認したいポイントは、しっかりとした集客力を会社自体が持っているかということです。売り上げや実績が乏しい会社に入ってしまっては、そもそもの顧客を探すところからスタートしなくてはいけません。そのため、スキルに欠ける新入社員には、茨の道となることが予想されます。せっかく商談に持っていけたとしても、実績がなければノウハウにも乏しいことが予想されるでしょう。自分の提案でも適切なアプローチができなければ、せっかくの商談も台無しになりかねません。だからこそ、住宅販売に関連する会社を探すときには、実績を注意深く見るべきなのです。

このようなポイントを踏まえてみると、株式会社七呂建設は注目すべき企業と言えるでしょう。鹿児島県内で戸建住宅着工棟数2位という数字を叩き出している株式会社七呂建設は、南九州エリアの中でもトップクラスの知名度と実績を誇っているようです。また、鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターといった大型の工事にも関わったとのことで、ノウハウの蓄積もバッチリだと言えるのではないでしょうか。さらに、宣伝活動もテレビCMをはじめ株式会社七呂建設は力を入れているとのことで、鹿児島地区では知らない人はいないと言われるほどなのだそうです。また、鹿児島県だけではなく、宮崎県への進出も近年では果たしていると言います。そのため、事業活動も拡大しているとのことで、新しく住宅販売の道に進みたい人の中では、株式会社七呂建設が話題にあがることが多いのだそうです。

個人プレーになりやすい住宅販売の営業ですが、株式会社七呂建設ではまわりの声かけが頻繁に行われるといいます。そのため、実力が未熟な新入社員であっても、先輩の丁寧な指導によって、安心して仕事をすることができるのだそうです。とても明るい社内の雰囲気を七呂建設は保っているとのことで、のびのびと働きながらも、誇りと自信にみなぎり、活力にあふれ、仕事に邁進することができるといいます。資格取得などにも挑戦し、己を高めていきたいという前向きな社員も、株式会社七呂建設に入るようです。

Read More
Posted on

注文住宅の販売に夢を持ち、そのような業種で働きたいと願う人が存在します。しかし、どこの会社でも良いというわけではありません。その会社で掴める夢が大きければ大きいほど、働くことに意義を見出せるというものです。では、どのような会社に就職するのが良いのでしょうか。南九州を中心に業務展開をしている七呂建設を例にとって説明していきます。

七呂建設が住宅業務を手がけたのは10年以内と歴史は浅いようですが、それでも鹿児島県内の新築住宅着工数は2位という素晴らしい実績を残しているといいます。そのような伸び率を持っている会社は少ないと聞きますので、注目すべきポイントといっても良いでしょう。また、その売上高も右肩上がりなのだそうです。平成27年度には売上高が40億を超えているといい、その規模は全国的にも注目を浴びているようです。社員数の面から見ても、社長1人で立ち上げた住宅部門は現在では50名と増員しているといいます。女性社員が多いという特徴もあるとのことで、働きやすい環境があると考えることができます。このような特徴を持っている七呂建設の歴史は古く、会社自体は昭和35年の5月に創業したのだそうです。大型施設の型枠を建設する会社として、鹿児島県ではトップクラスの企業になったという七呂建設ですが、バブル崩壊の煽りを受けて、業績にもダメージを負うことになったといいます。大型施設の建設が減少したことが原因のひとつにあったのだそうです。しかし、このような逆風にもしっかりと対応し、住宅事業を展開することで、今もなお経営を続ける老舗の会社として生き残ることができているといいます。

鹿児島県内という枠組みにとらわれず、日本全国、または世界中で活躍する企業を目指しているという七呂建設では、社員を募集しているようです。具体的には営業、工務・リフォーム部門での募集となっていました。働く上での特徴は、何よりあたたかく誠実な社風なのだそうです。住宅業界で自分の力を試したい、成長してみたいという人の気持ちを十分に汲んでくれるといいます。また、集客力があるとのことで、顧客を自分から探す苦労がなく、七呂建設はとても働きやすい環境なのだそうです。そのような職場は働きやすいだけでなく、集客にかける時間を自分のスキルアップに繋げることもできるでしょう。また、先輩や上司による丁寧でわかりやすい指導もあるとのことで、1から飛び込んだ住宅販売の世界でも、十分に戦えるほどの戦力を身につけることができるようです。もしも住宅販売で一旗あげたいと考えている人がいるのであれば、七呂建設のような会社を知っておいて損はないといえるのではないでしょうか。

Read More
Posted on

住宅というのは、人の暮らしの基盤となるものです。それだけに、人は住宅に夢を持ち、憧れを抱くといいます。そのような人の願いを聞き入れ、望みを叶えていくのが注文住宅関係の企業です。このような職種は華やかなイメージもありますが、一方で仕事についていけるかどうか不安だという人も少なくないといいます。果たして、注文住宅に関わる仕事とはどのようなものなのでしょうか。株式会社七呂建設を例に解説します。

株式会社七呂建設の特徴は、技術力、提案力、商品力、人間力をバックボーンとしていることなのだそうです。これらを軸にして紹介率が35%と、業界平均の2倍という驚異の数字を叩き出しているといいます。イシンホームに加盟している店舗の中でもナンバーワンを取っているとのことで、実績は十分と捉えることができるでしょう。このような株式会社七呂建設では、ショールームや見学会を使った営業スタイルを展開しているといいます。見学会やショールームに足を運ぶ顧客というのは、株式会社七呂建設の住宅に何かしらの関心を持っているという証拠でしょう。その興味を利益へと結びつけていくことが、株式会社七呂建設の営業では大切なことなのだそうです。また、人間力が高いという特徴もあるとのことで、契約するときのポイントが住宅だけではなく、営業マンの人柄だという場合もあるようです。また、このような出来事は、営業マンの自信や実力にも繋がっていきます。そのため、株式会社七呂建設で働く営業マンの中には、住宅プランニングから現場監督までを、自分で統括できるようになりたいという目標を持っている人もいるようです。人間が技術力や提案力を引き出す。株式会社七呂建設では、良いサイクルを生み出しやすい環境があるようです。

このような特徴を持っている株式会社七呂建設は、鹿児島市の着工棟数がナンバーワンになるという実績を残しているといいます。さらに、鹿児島県内だけではなく、宮崎県や熊本県にもエリアを拡大しているようです。創業者と経営者も現場出身であるとのことで、顧客に対してどのように満足感を届けるかということに重点を置いているといいます。大型施工の実績もあるとのことで、ノウハウが集積しており、それが高い技術力を生み出しているようです。さらに、新卒採用定着率も、2013年から100%を継続しているといいます。数字でしっかりと表されている働きやすさは、これから入社する人達に向けて安心感を与えるだけでなく、夢や希望も見せてくれるに違いありません。もしも住宅販売の仕事をしたいと思っているのであれば、このような会社の求人情報はチェックしたほうが良いでしょう。

Read More